アプリケーション開発

Webアプリケーション開発サービス
ChromeやSafariといったブラウザから利用できるアプリケーションの開発を行います。

主にHTML、CSS、JavaScript、PHP、Rubyといった言語を使用して開発します。

- 特徴 -

ストア経由でダウンロードする必要はなく、ユーザーはブラウザでサイトにアクセスするだけで利用可能となります。

 

ハイブリッドアプリケーション開発サービス

Webアプリケーションを開発する時の技術を使用しながら、カメラやGPS機能といったデバイスの機能を利用したアプリケーションの開発を行います。

主にHTML、CSS、JavaScriptといったWebアプリケーション開発に必要な言語と、Swiftなどネイティブアプリ開発ができる言語を使用して開発します。​

 

ネイティブアプリケーション開発サービス
AndroidアプリやiOSアプリといった、アプリがインストールされたコンピューター内で動作するアプリケーションの開発を行います。

​- 特徴 - 

スマートフォンへインストールするため、オフラインでも動作可能であり、またレスポンスが速く、デバイス自体が持つ機能を利用し、プッシュ通知や位置情報を使った機能などを搭載できます。

オープン系アプリケーション開発サービス
クライアントの要望をしっかりと取り入れ、企業の業務環境に合わせた独自の開発を行います。

主にLinux環境でC++、Java、Python、Ruby、Perl、shell、SQLといった言語を使用して開発します。

アプリケーションエンジニアの領域

​アプリケーション開発時の流れ

Copyright (C) DLFeng Ltd. All Rights Reserved.