​IT推進コンサルティング

プロジェクトマネージメント支援サービス

システム構築活動を確認しながら、システム企画当初の目的、業務、品質、予算、スケジュール等から逸脱しないよう、推進を支援します。また、ベンダー作業の品質を一定に保つため、設計書、操作マニュアルといった成果物の内容を精査し、必要に応じてベンダーへのCheck,Actionを行います。

開発工程モデル
ウォーターフォールモデル
V字モデル
ウォーターフォールモデル
プロジェクトの各工程を時系列に並べる最も基本的な開発工程モデルです。
上流工程から下流工程へ「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「制作・開発」「テスト」…などの各工程を、水が上流から下流に流れるように整理します。
ウォーターフォールモデルでは、工程ごとの成果物を定義し、その成果物の完成をもって各工程が終了します。そして、この成果物を前提条件として、次の工程に進みます。
​V字モデル
ウォーターフォールモデル図の「開発・製造」工程を折り返しとして、左側に設計工程、右側にテスト工程をV字に配置するのがV字モデルです。
左側の設計工程を「品質の埋め込みプロセス」、右側のテスト工程を「品質の確認・検証プロセス」と位置付けられ、V字の左右で同じ高さにある設計工程とテスト工程が対となり、どの設計内容に基づいてテストを行えばよいのかがひと目で理解できます。
例えば、コーディング制作の成果物のチェックは「単体テスト」となりますが、ここでは「詳細設計」の設計内容と合致しているかを検証することになります。
我々の基本的な考え方
開発工程で最も必要なものは、品質管理です。ウェーターフォールモデル、V字モデルのどちらかが正しいということではありません。どちらのモデルも上流工程である設計段階での品質の作り込みと、テスト・検証の基準を明確にすることが重要です。その結果、ROIの最適化につながる重要な考え方となります。
各工程間に大小のV字モデルを当てはめ、検討と検証を行うことで、品質管理を確実にわかりやすく実施し
ていきます。

システム運用支援サービス

企業のシステム運用活動をモニタリングし、目的、規模、予算、企業活動への影響度合い、SLAやSLO等を考慮してシステムの運用活動を評価し、適切な運用活動が推進できるよう、ご支援いたします。

​IT推進コンサルティングの領域

Copyright (C) DLFeng Ltd. All Rights Reserved.